コラム

クレーンオペレーターとは?必要な資格やメリットをカイセツ!

こんにちは!
丸唐株式会社です。
弊社は、岐阜県大垣市を拠点に、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県で活動している鳶土工工事業者です。
高所作業全般のほか、足場工事一式、鉄骨および木造の建方工事一式、光触媒のクリーニング工事など、幅広い業務を手掛けています。
皆さんは、クレーンオペレーターという仕事をご存じでしょうか?
今回は、クレーンオペレーターという仕事について、必要な資格やメリットをご紹介いたします。
ぜひ最後までご覧ください!

クレーンオペレーターとは?


クレーンオペレーターとは、高層施設の建設現場や河川の堤防などをつくる現場で、重い荷物を地面から高いところまで運ぶときに、クレーンを操作する人のことです。
何トンもの重さがある荷物を吊り下げて運ぶため、積荷が落下するなど大事故につながる危険性を伴います。
そのため、クレーンオペレーターには、正確な操作テクニックと大きな責任が求められます。

クレーンオペレーターに必要な資格とは?

クレーンにはさまざまな種類があります。
そのため、どのような種類のクレーンを扱うかによって必要な資格が異なります。
クレーンオペレーターになるために必要な資格は、クレーン・デリック運転士免許と移動式クレーン運転士免許の2つです。
移動させられないクレーンなのか、移動させられるクレーンなのかが、2つの大きな違いです。
また、クレーン・デリック運転士免許は、下記の3つに分けられます。
・全てのクレーン・デリックを運転できる「限定なし」
・デリックを除く全てのクレーンを運転できる「クレーン限定」
・デリックと無線操作式クレーンを除いたクレーンを運転できる「床上運転式クレーン限定」
資格を取得するためには、実技試験と学科試験に合格する必要があります。

クレーンオペレーターになるメリットとは?

工事現場での仕事というと、夏は暑く、冬は寒いなかで、1日立ちっぱなしで動き回ったり、重たいものを運んだりするイメージもあるでしょう。
しかし、クレーンオペレーターの作業は、座ったままで行います。
また、レバーを操作して荷物を運ぶため、力を使うこともありません。
そのため、女性も活躍できる仕事です。
また、取得した資格は一生ものです。
大きな車を自身の腕一つで操作できるクレーンオペレーターの仕事は、車の運転が好きな人や機械いじりが好きな人には、大きな充実感や達成感を与えてくれるでしょう。

クレーンオペレーターの仕事、はじめませんか?


丸唐株式会社では新規スタッフを募集しています。
未経験者の方からのご応募も大歓迎です!
入社後は、鳶土工工事や商品開発などに携わっていただきます。
鳶職が初めてという方にも安心して働いていただける職場です。
丸唐株式会社では、みんなが幸せになれる会社を目指しています。
あなたの「働く原動力」を丸唐株式会社で見つけませんか?
まずはお気軽にご応募ください。
たくさんのご連絡をお待ちしております。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。