コラム

COLUMN

建方工事で行われているプレカット工法とは

こんにちは!
岐阜県大垣市に拠点を構え、岐阜県岐阜市を中心に東海地方で建方工事などの建築業を行っている、丸唐株式会社です。
建方工事ではプレカット工法という施工をよく行いますが、一般的には聞いたことがない方も多いかと思います。
そこで今回のコラムでは、建方工事で行われているプレカット工法についてご紹介します。

プレカット工法とは

クエスチョン箱
建方工事の現場へ運び込まれる木材などは、事前に工場で断裁されたり加工されたりしたものです。
あらかじめ資材を断裁・加工しておく工法のことを、プレカット工法と言います。
本来であれば、加工は大工がカンナなどを使用して行うものでしたが、機械化の流れや大工の人材減少に伴って、現代における木造建築では基本的にプレカット工法が用いられています。
手作業で資材加工を行うことは、大工の技術力や気候などによって出来栄えが左右されていましたが、プレカット工法によって資材加工の工期短縮・品質安定・コスト削減が叶いました。

メリットばかりではない

古くからの伝統的な継ぎ手や仕口は、複雑な形状を用いることによって耐久性を高めてきました。
それらは職人の技術によって作られていましたが、プレカット工法でも同じような継ぎ手や仕口が再現できるとは限りません。
技術の進化によって少しずつ伝統的な継ぎ手や仕口が、プレカット工法で再現できるようになってきましたが、まだ広く普及しているわけではありません。
また、経験豊富な大工は木材の特性を見極めて、その特性に合った加工を行いますが、プレカット工法は工場でどのような木材も同じように加工をします。
そのため、木材毎の個性を生かした加工は苦手としていますが、将来的にこれらの弱点が克服される可能性はゼロではないでしょう。

【求人】丸唐では新規スタッフを募集中!

作業員握手求め
丸唐株式会社では、大工として建方工事などの現場で活躍してくださる方を求人募集しております。
工事経験や職歴がない方でも幅広く歓迎しておりますので、ぜひ弊社の求人へのご応募をご検討ください。
弊社の業務に継続的に取り組んでいただければ、プロの職人を目指すことも夢ではありません。
ご興味が湧きましたら、ぜひメールフォームよりお気軽にご連絡をお願いいたします。
皆様からのご応募を、心よりお待ちしております!
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。